特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

岸田首相、対ロシア追加制裁は「世界の平和秩序を守り抜くため」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
英ロンドンのギルドホールで講演する岸田首相=2022年5月5日、ロイター
英ロンドンのギルドホールで講演する岸田首相=2022年5月5日、ロイター

 岸田文雄首相が5日(日本時間同)、ロンドンでの記者会見で表明した対露追加制裁は、資産凍結の対象者追加など既存の制裁項目の対象拡大が中心だった。首相は「世界の平和秩序を守り抜くため、今こそ一層G7(主要7カ国)の結束を強固なものとしなければならない」と述べ、他のG7諸国と連携してロシアへの圧力強化に取り組む考えを改めて示した。

 追加制裁は①資産凍結の対象となる個人を約140人追加②輸出禁止の対象となるロシア軍事団体をさらに約70団体追加③量子コンピューターなどの先端的な物品等の輸出禁止④ロシアの銀行の資産凍結の対象を追加――の4本柱。首相は4、5両日に実施したイタリアのドラギ首相、英国のジョンソン首相との首脳会談で概要を伝え、両首脳から「高い評価が示された」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文892文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集