大津園児死傷3年、安全への思い新たに 保育園関係者が初の献花

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
保育園児らが死傷した交通事故から3年となるのを前に、事故現場で献花する滋賀県警や園の関係者ら=大津市大萱6で2022年5月6日午前10時2分、礒野健一撮影
保育園児らが死傷した交通事故から3年となるのを前に、事故現場で献花する滋賀県警や園の関係者ら=大津市大萱6で2022年5月6日午前10時2分、礒野健一撮影

 大津市の滋賀県道交差点で車同士の衝突に巻き込まれた保育園児ら16人が死傷した事故から8日で3年となるのに合わせ、滋賀県警の幹部らが6日、現場で献花をした。県警による献花は毎年実施されているが、事故に遭ったレイモンド淡海(おうみ)保育園の関係者も初めて参加。交通安全への思いを新たにした。

 午前10時ごろ、県警幹部と同園関係者らが黙とう。事故で死亡した園児2人を悼み、花を手向けた。県警大津署の時田…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集