吉野家、「外国籍」理由に採用説明会への参加拒否 「ビザ取得困難」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉野家の看板=曽根田和久撮影
吉野家の看板=曽根田和久撮影

 吉野家ホールディングス(HD)は6日、牛丼チェーン吉野家の採用説明会に予約した大学生に対して、外国籍であると勝手に判断し、参加を拒否していたと明らかにした。「ビザの取得が非常に困難」と説明している。国籍を理由に排除した差別的扱いだとして、ネット交流サービス(SNS)では吉野家の対応に批判が集まっている。

 吉野家は採用サイトに「組織の活性化を目的に、外国籍社員の積極的な登用を続けています」と明記していた。対外的なアピールと実際の採用活動が異なっていなかったかどうかも説明が必要になりそうだ。参加を拒否された大学生とみられるSNSの投稿によると、大学生は日本国籍だという。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文629文字)

あわせて読みたい

ニュース特集