「ミキサー貸します」 おにぎりカフェに込める母の思い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
にっこり笑ったおにぎりが迎えてくれる「おむすびカフェ にこり」=愛知県半田市花園町4で 拡大
にっこり笑ったおにぎりが迎えてくれる「おむすびカフェ にこり」=愛知県半田市花園町4で

 愛知県半田市花園町に昨年オープンした「おむすびカフェ にこり」は、店のつくりやサービスに誰もが利用しやすい工夫が施され、メニュー表には「ミキサー貸し出します」と書かれている。コンセプトは「0~120歳すべての人が来やすいお店」。重度の障害がある子を持つ母親の特別な思いが込められている。

 寝た姿勢の車椅子でも入れる完全バリアフリーの店内に、成人のおむつ交換もできる折り畳みベッド「ユニバーサルシート」を備えたトイレ。離乳食が必要な赤ちゃんや、口の中で食べ物をかんでうまくのみ込めない「嚥下(えんげ)障害」がある人には、ミキサーなどの調理器具や介助用食器も貸し出し、おにぎりなどのアレルギー対応もできる。

 「子ども連れも障害がある人も、誰もが気軽に利用できる店を作りたかった」。こう話すこの店の経営者で店長の森脇友里さん(36)の長男、蒼葉(あおば)ちゃん(5)は生まれつき脳に重い障害があり、車椅子生活を送る。家族で外食に出掛けても多くの店は通路などが狭く、車椅子が通れない。トイレでおむつ交換をしようにも、我が子を寝かせるスペースもなく、その度に駐車場に戻って狭い車内で苦労しながら交換するしかない。肢体不自由児を持つ母親は誰もが自分と同じ苦労を抱えている。

 蒼葉ちゃんの友達には、口から食べることができず、おなかに付けた管から栄養を直接補給する胃ろうで食事をする子もいる。このような子たちは、注入前に匂いを嗅いで「おいしいね」の表情を浮かべるが、外食は難しく、店に行っても親が食べている姿を見ているだけがほとんど。森脇さんは「『ここに来たらみんなと同じものを食べられる』という場所が絶対に必要だ」と強く思った。

人気の「お子様プレート」(みそ汁、ドリンク付きで500円)を手にする森脇友里さん=愛知県半田市花園町4で 拡大
人気の「お子様プレート」(みそ汁、ドリンク付きで500円)を手にする森脇友里さん=愛知県半田市花園町4で

 もともと自宅のある隣の常滑市で、夫(50)と共に居酒屋を経営。2号店のオープンを検討していた時期とも重なり、開業を決意した。インターネット上で資金を募るクラウドファンディングも活用して資金を調達し、昨年12月、思いを結実させた。森脇さんは「息子のお陰で知らなかったことをたくさん知ることができた」と話す。

 中心メニューをおにぎりにしたのは、世代を問わず、片手でも食べられる手軽さから。幼い子どもと一緒だと親は落ち着いて食事ができず、温かい料理も冷めてしまうが、おにぎりなら冷めてもおいしい。米穀店に何度も足を運び、コメの銘柄を厳選し、のりも香りが良い常滑産「鬼崎のり」を使うなど、地産地消にもこだわった。

 また、重度障害児の母親は子どもの急な入院などで就業するのは難しい。「重症児の親だけど女性としての人生もある。彼女たちが楽しく働ける場所になれば」と医療的ケア児の母親2人をパート従業員として雇用する。

 オープンから5カ月ほど経過した店内は親子連れなど多くの客でにぎわい、調理器具を借りる客も少なくないという。「誰もが排除されることなく、地域の一員として当たり前に生活できる社会を作っていきたい」と森脇さん。「障害者も健常者も一緒の空間にいれば互いのことが分かってくる。にこりを一つの拠点にしたい」と笑顔を見せた。

多機能トイレにはユニバーサルシートを備える=愛知県半田市花園町4で 拡大
多機能トイレにはユニバーサルシートを備える=愛知県半田市花園町4で

 おにぎりは約50種類から選べて、おかずやデザートもある。テークアウト可。営業は午前11時~午後8時半(火曜は午後3時まで)、水曜定休。アレルギー対応メニューは事前予約が必要。問い合わせは同店(0569・77・4477)。【町田結子】

あわせて読みたい

ニュース特集