甕棺墓15基を確認 弥生中期 大野城・瑞穂遺跡で /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多数の甕棺墓が見つかった瑞穂遺跡の発掘調査現場
多数の甕棺墓が見つかった瑞穂遺跡の発掘調査現場

 大野城市の大野城心のふるさと館は6日、同市瑞穂町2の瑞穂遺跡の発掘調査で弥生時代中期の甕棺墓(かめかんぼ)15基を確認したと発表した。ふるさと館は「これまでに東側で見つかっていた墓の範囲が西側へ広がっていたことが分かり、100基を超える墓が営まれていたと考えられる」としている。

 瑞穂遺跡は小高い丘にある弥生時代中期から古墳時代初頭の遺跡で、瑞穂公園になっている場所での2011~12年の調査により甕棺墓51基、土…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい

ニュース特集