米報道官に黒人女性 バイデン政権、多様性アピール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領は5日に声明を出し、ジェン・サキ大統領報道官が13日に退任して、後任にカリーン・ジャンピエール大統領副報道官を昇格させると発表した。サキ氏によると、ジャンピエール氏は黒人女性として初めて、また性的少数者(LGBTQなど)であることを公言している初の大統領報道官となる。

 大統領報道官は外交や内政などの政府見解を毎日の記者会見で説明する政権の「顔」の役割を担う。バイデン氏は、ジャンピエール氏の起用で多様性を尊重する政権の姿勢をアピール…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集