特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄知事が復帰50年の建議書 負担軽減求め日米両政府に提出へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本復帰50年を迎えるのに合わせ、日米両政府に対する「建議書」を発表する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2022年5月7日午後0時50分、竹内望撮影
日本復帰50年を迎えるのに合わせ、日米両政府に対する「建議書」を発表する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2022年5月7日午後0時50分、竹内望撮影

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は7日、15日で沖縄の日本復帰から50年を迎えるのに合わせ、「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」を発表した。復帰を翌年に控えた1971年に琉球政府(後の沖縄県)トップの屋良朝苗(やらちょうびょう)主席が沖縄の将来像を描き、日本政府に実現を求めた「屋良建議書」を念頭に、沖縄の基地負担軽減などを日米両政…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集