「許してください」謝罪後に店員殴り逃走 強盗致傷容疑で捜査 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府警本部 拡大
大阪府警本部

 7日午後5時5分ごろ、大阪市鶴見区の商業施設「イオンモール鶴見緑地」にある雑貨店「ヴィレッジヴァンガード」の店員から、「万引き犯に顔を殴られた」と110番があった。若い女がクッションなど約10点(約1万8000円相当)を万引きした後、店員を殴って逃走しており、大阪府警鶴見署が強盗致傷容疑で行方を追っている。

 同署によると、商品を精算せずに店を出た女に女性店員が「すみません」と声を掛けたところ、女は「ごめんなさい、許してください」と謝罪。しかし、その後にもみ合いになり、女は店員の顔を1発殴って逃走した。店員は口の中を切るけがをした。

 女は20歳代とみられ、身長は160センチぐらい。肩までの髪で黒っぽいズボンをはいていた。万引きした商品を入れたバッグを放置したまま逃走したという。【戸田紗友莉】

あわせて読みたい

ニュース特集