団地の「助人」に大学生 県、低額入居で活性化期待 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は、高齢化が進む県営団地に大学生を入居させ、コミュニティー活動に参加させる取り組みを始めた。題して「神奈助人s(すけったーず)」。団地コミュニティーの活性化を図り、いきいきと生活できる「健康団地づくり」を進める。

 高齢者のみの世帯が6割を超える県営笹山団地(横浜市保土ケ谷区)が舞台。県が包括連携協定を結んでいる横浜国立大の学生、大学院…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

ニュース特集