米軍岩国基地 艦載機移転後、騒音が最多 昨年度測定回数 市内5地点中3地点で /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岩国市は2021年度の米軍岩国基地周辺の騒音発生状況をまとめた。市が騒音を測定している市内5地点のうち滑走路南側約2キロの尾津町など3地点の騒音測定回数が、米軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地への空母艦載機約60機の移転完了(18年3月)後、最多となった。騒音軽減などを目的に岩国基地の約1キロ沖に建設された滑走路が供用開始された10年度以降でも最多で、さらに尾津町では09年度以来12年ぶりに1万回を超えるなど、供用開始前の水準に近付いている。

 市は、日常生活でうるさいと感じる70デシベル以上が5秒以上続く騒音を測定している。最多を更新した3地点と騒音測定回数は、尾津町1万809回(前年度9301回)、滑走路北側約2キロの川口町9148回(同7820回)、南側約10キロの由宇町港5324回(同4509回)。艦載機移転開始前の16年度に比べると、尾津町は約3倍、川口町は約2・7倍、由宇町港は約2・6倍となった。また、尾津町と川口町は滑走路…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文916文字)

あわせて読みたい

ニュース特集