連載

KOGEI!

毎日新聞デジタルの「KOGEI!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

KOGEI!

ベース・デザインからの創造=外舘和子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「Co-ishiwara」飯碗(マルダイ窯 太田万弥)
「Co-ishiwara」飯碗(マルダイ窯 太田万弥)

 半世紀以上続いた日本クラフトデザイン協会が昨年解散した。量販店が無銘食器の販売を進める中、作家手作りの実用陶磁器は転機を迎えている。そうした状況下、日常食器の小石原(こいしわら)焼と茶陶の高取焼で知られる福岡県東峰村から陶器の新ブランドの監修を依頼され、昨年春から地元の陶芸家らと研究会を重ねた。課題は、飛び鉋(かんな)や刷毛目(はけめ)など同様の技法を用いる大分県の小鹿田(おんた)焼の方が知名度が高いこと、小石原の民窯イメージにより、ひとくくりに安価を求められることである。

 しかし小鹿田焼のいかにも民芸調のどっしりとしたイメージに比べ、小石原焼・高取焼は軽やかでモダンな傾向がある。それがこの地域の潜在力ではないか。今回、陶器の産地にあえて磁器のデザイナーの田上知之介を入れたのも、そうしたポテンシャルを読んだからである。磁器の感覚はこの地域の陶器の軽快さをより明確に引き出すに違いない。与えるよりも引き出すこと。これを新ブランドの目標とした。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1250文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集