春の褒章・叙勲 芸能・文化関係喜びの声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
囲碁棋士九段 石田芳夫
囲碁棋士九段 石田芳夫

 先月発表された春の褒章、春の叙勲では多くの文化・芸能関係者も受章した。このうち紫綬褒章の俳優、岡本健一(52)と、旭日小綬章の囲碁棋士九段、石田芳夫(73)=二十四世本因坊秀芳=の喜びの声を紹介する。

心豊かにする作品創り上げていく 俳優 岡本健一

 受章を受け、「皆さまと喜びを分かち合いたい。私だけの受章ではないとの思いがあふれています」とコメントを発表した。

 1985年、テレビドラマ「サーティーン・ボーイ」で俳優デビュー、88年にはアイドルグループ「男闘呼組」のメンバーとして歌手デビューした。その後、蜷川幸雄や栗山民也、鵜山仁ら日本を代表する演出家のもとで舞台に出演。シェークスピア作品でも高い評価を得ており、主演した「リチャード二世」(2020年)では、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。21年には息子で俳優の岡本圭人(29)と現代劇「Le Fils …

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1135文字)

あわせて読みたい

ニュース特集