特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

名人戦第3局で1勝目 斎藤八段「次に向けて勇気が出る結果」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第80期名人戦七番勝負第3局で1勝目を挙げ、すがすがしい表情を見せる斎藤慎太郎八段=福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで2022年5月9日午前9時26分、丸山進撮影
第80期名人戦七番勝負第3局で1勝目を挙げ、すがすがしい表情を見せる斎藤慎太郎八段=福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで2022年5月9日午前9時26分、丸山進撮影

 福岡市の「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」で指された第80期名人戦七番勝負第3局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)で渡辺明名人(38)に勝ち、1勝目を挙げた挑戦者の斎藤慎太郎八段(29)が9日朝、取材に応じた。斎藤は「昨日は、シリーズ初白星は大きいと思っていたが、一夜明けてみると1局多く失っている状況なので、まだまだ厳しいと思い直した」と現実を冷静に受け止めて話した。

 対局を終えた8日夜は自室に戻った後、感想戦の内容を反すうしながら棋譜のウェブ中継のコメントを見返し、「封じ手の局面は指しづらいと思っていたが、難しい形勢だったというのは意外だった」と素直な感想を漏らした。3時間半ほど睡眠を取って午前6時に起きた後は、ホテルの風呂を堪能しリフレッシュした。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文554文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集