連載

水中写真連載 So Blue

これまでに1000回以上、海に潜った三村政司・写真記者が各地の美しい水中の風景をお届けします。

連載一覧

水中写真連載 So Blue

サカナの楽園 額に入った絵画のよう

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「額縁」の中を泳ぐアカククリ=沖縄県座間味村で、三村政司撮影
「額縁」の中を泳ぐアカククリ=沖縄県座間味村で、三村政司撮影

 南国特有の濃い青色と、手前の赤色の対比が鮮やかです。額縁に油絵の具がついた絵画のよう。

◇    ◇    ◇    ◇

 もちろん、海中写真です。「油絵の具」は、サンゴやカイメンの仲間で、「キャンバス」に描かれているのは、いかにも熱帯魚といった風情の「アカククリ」。

 「額縁」は、人工魚礁として沈められたコンクリートブロックです。外枠だけの立方体構造で反対側を見通せるため、重なり合って額縁のようにも、遠近法のお手本例のようにも見えているのです。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文738文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集