特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

基地問題は忘れられたのか 官邸前でハンスト、沖縄出身の大学院生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大型連休が明けた9日の朝、東京・首相官邸前に1人の大学院生が座り込んだ。政府に対して絶食によって抗議の意思を示すハンガーストライキを始めたのだ。「50年前も現在も、基地問題は変わっていないといっても過言ではない。果たして、いつまでこの状況が続くのだろうか」。沖縄の日本本土復帰から半世紀の節目を前にした大学院生の思いとは――。【佐野格】

 「私たち沖縄の人々が抱える基地問題は、日本に住む人々に忘れられてしまったのだろうか。沖縄の基地問題が解決されない限り、沖縄にとっての復帰、そして戦後は終わらない」。首相官邸前で声明文を読み上げたのは、一橋大学大学院生の元山仁士郎(もとやま・じんしろう)さん。「世界一危険な飛行場」とされる米軍普天間飛行場のある沖縄県宜野湾市の出身だ。

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2136文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集