連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

「声」があるから=小国綾子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアによるウクライナ侵攻に反対し、プラカードを持ってデモに参加するアンナ・リトビーノバさん=2022年2月(本人提供)
ロシアによるウクライナ侵攻に反対し、プラカードを持ってデモに参加するアンナ・リトビーノバさん=2022年2月(本人提供)

 ロシア・ウラジオストクに生まれ育ったアンナ・リトビーノバさん(24)の話をしたい。

 前回(4月26日)のコラムで、被爆ピアノによる平和ソング「リメンバー」の演奏動画を紹介した。その動画に添えられた英語、ウクライナ語、ロシア語の3カ国語の字幕のうち、ロシア語を担当したのがアンナさんだ。

 「唯一の被爆国である日本から、核兵器反対と平和のメッセージを発信することは意味があります。ロシア人に少しでも伝わるよう字幕の言葉を選びました」という。

 19歳で来日し、東京音楽大に入学。指揮専攻などで学び、昨春卒業した。ロシアによるウクライナ侵攻のニュースを聞いた日の夜、じっとしていられず、東京・渋谷の反戦デモに参加した。以来、この2カ月半、毎週のようにデモや抗議集会に参加してきた。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文942文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集