消防用水を搬送 災害時町が要請 生コン組合と協定 かつらぎ /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
交わした協定書を手にする中阪町長(左)と山名支部長=和歌山県かつらぎ町防災センターで、藤原弘撮影
交わした協定書を手にする中阪町長(左)と山名支部長=和歌山県かつらぎ町防災センターで、藤原弘撮影

 かつらぎ町と県広域生コンクリート協同組合紀北支部が、災害発生時などに支部が現場へ消防用水などを搬送する協定を締結した。中山間地域での火災で、水をいかに確保するかが課題となっている。町がミキサー車による水の搬送を支部に要請し、組合員の業者が災害や火災の現場に設置される水槽などへ水を搬送する仕組みを整…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

あわせて読みたい

ニュース特集