プーチン氏、侵攻正当化 戦勝日演説「唯一正しい決定」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
モスクワで行われた対独戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、ロシア大統領府のホームページから
モスクワで行われた対独戦勝記念日の式典で演説するプーチン大統領=9日、ロシア大統領府のホームページから

 ロシアのプーチン大統領は9日、第二次世界大戦の対独戦勝記念式典で演説した。今年2月に始めたウクライナへの「特別軍事作戦」について「必然的で時宜を得た、唯一の正しい決定だった」と正当性を訴えた。ウクライナと米欧によって「絶対に受け入れられない脅威が我々の国境で直接、作り出されていた」と主張。「ロシアは予防的に侵略者を撃退した」と述べた。

 プーチン政権は、前身の旧ソ連が第二次大戦でナチス・ドイツに勝利した9日の記念日を「ナチスから解放した日」とし、その記憶を国民統合の要と位置付ける。ウクライナのゼレンスキー政権を「ネオナチ」と断定し、今回の侵攻を「ウクライナのナチス主義者から人々を守る」ことを名目とした「特別軍事作戦」としている。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1001文字)

あわせて読みたい

ニュース特集