特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

在ウクライナ日本大使館の再開「検討したい」 外務省幹部

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
外務省=米田堅持撮影 拡大
外務省=米田堅持撮影

 外務省幹部は10日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて3月に閉鎖したキーウ(キエフ)の在ウクライナ日本大使館について、「現地の情勢を踏まえて再開を検討したい」との考えを示した。日本政府要人によるウクライナ訪問についても引き続き検討するとした。同日開かれた自民党の会合で説明した。

 会合では、佐藤正久外交部会長が「ウクライナ国民に寄り添うため、(各国から)多くの要人がウクライナを訪れている。邦人保護、人道支援の観点では大使館の再開も必要だ」と指摘した。

 ウクライナには4月下旬以降、米国のペロシ下院議長やバイデン米大統領の妻ジル氏らが訪問。フランスや韓国など、キーウでの大使館業務を再開する国も増えてきている。もっとも、政府関係者は「日本は他国のように軍の支援を受けられるわけではない。キーウでの大使館業務再開は慎重に判断せざるを得ない」としている。【今野悠貴】

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集