国の長期債務、初の1000兆円超え 20年で倍増 18年連続更新

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省
財務省

 財務省は10日、税収で将来返済する必要がある国の借金「長期債務残高」が、2021年度末時点で1017兆1000億円になったと発表した。18年連続で過去最大を更新し、初めて1000兆円の大台を超えた。社会保障費の増加や新型コロナウイルス対策の巨額支出が要因で、02年度末に初めて500兆円を超えて以来、約20年間で倍増。借金頼みの経済財政運営が続いている。

 地方の長期債務残高は193兆円となる見込みで、国と地方の合計は1210兆円に達する。22年4月の総人口で単純に割ると、国民1人当たり約966万円の借金を抱えている計算になる。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文684文字)

あわせて読みたい

ニュース特集