西九州新幹線、長崎で試験走行始まる 「かもめ」各駅で歓迎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 9月23日に開業予定の九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の車両走行試験が10日、長崎県内で始まった。N700S「かもめ」が初めて到着した各駅では、大勢の住民が歓迎した。

 独立行政法人「鉄道・運輸機構」によると、走行試験では線路や信号設備などに問題がないかチェックする。30キロから260キロまで段階的に速度を上げ、武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎(長崎市)間を1日1~3往復する。6月16日までに延べ15日程度、走行する予定という。

 走行試験は新大村(長崎県大村市)からスタートし、10日は新大村-長崎間を往復した。JR長崎駅では約250人が「ようこそ、かもめ」と書かれた旗を振って出迎えた。長崎市内の幼稚園に通う鳥越蒼太ちゃん(5)は「今の時代の新幹線って感じがした」と喜んだ。佐賀県内での走行試験は11日に始まる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集