トンガ沖噴火で「ラム波」 理研、衛星画像を公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1月のトンガ沖噴火で生じた「ラム波」の広がりを捉えた衛星画像=理化学研究所提供
1月のトンガ沖噴火で生じた「ラム波」の広がりを捉えた衛星画像=理化学研究所提供

 理化学研究所は、今年1月のトンガ沖海底火山の大規模噴火で生じた「ラム波」と呼ばれる気圧波を示す衛星画像を公開した=写真・理化学研究所提供。過去の火山噴火で観測されていたが、衛星画像で捉えたのは初めてという。

 空気の振動で生じるラム波は遠くまで伝わる特徴があり、トンガ沖噴火では日本に津波の第1波をもたらしたとされる。大塚成徳研究員…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集