洋上風力発電 漁業影響事例、協議会で共有 /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 脱炭素の切り札として期待される洋上風力発電の導入を目指す秋田県央「男鹿市・潟上市・秋田市沖」区域の第2回協議会が10日、秋田市で開かれ、関係者が漁業への影響や電波障害などについて専門家を交えて協議した。

 国や県、市、漁業関係者など20人が出席。海洋生物環境研究所の三浦雅大主幹研究員は、大きな水中音が魚に影響を与える…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集