飯綱産リンゴのシードル 新酒飲み比べ盛況 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試飲の飲み比べでは、シャープな辛口から爽やかな甘口まで多彩なシードルを楽しめた=長野県飯綱町芋川の「サンクゼールの丘」で2022年5月7日、田倉直彦撮影
試飲の飲み比べでは、シャープな辛口から爽やかな甘口まで多彩なシードルを楽しめた=長野県飯綱町芋川の「サンクゼールの丘」で2022年5月7日、田倉直彦撮影

 食品製造販売「サンクゼール」の本店やワイナリーなどがある長野県飯綱町の「サンクゼールの丘」で7日、町内産リンゴを使ったシードル(リンゴ発泡酒)の新酒を楽しむ催し「いいづなシードルガーデン」があった。会場には同社のほか、町内外でシードルを醸している農園主らのシードルが並び、試飲して飲み比べができるとあって多くの人が詰めかけた。

 町はリンゴ生産が盛んで、同社は町内の農家の協力を得て地元のリンゴを材料に2003年からシードル造りを始め、現在は年間4万本を生産。催しは、広くシードルの魅力をアピールしようと県内の生産者の協力を得て、有料チケット制での飲み比べを楽しめるようにした。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集