金色の如来、優雅に舞う 3年ぶり仏舞 舞鶴・松尾寺 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
優雅な仏舞を披露する保存会のメンバー=京都府舞鶴市松尾の松尾寺で2022年5月8日、塩田敏夫撮影
優雅な仏舞を披露する保存会のメンバー=京都府舞鶴市松尾の松尾寺で2022年5月8日、塩田敏夫撮影

 舞鶴市松尾の松尾寺で8日、仏舞(国重要無形民俗文化財)があった。新型コロナウイルス禍のため、開催は3年ぶり。金色の仏の面をかぶった6人の舞い手が雅楽の演奏に合わせて舞い、大勢の参拝客が見入っていた。

 松尾寺は、福井県と京都府の境にある青葉山(標高693メートル)の中腹に建つ。8世紀初めの創建で、平安時代末期には観音霊場として信仰…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

ニュース特集