いじめで自殺した娘 学校側「責任ない」 遺族、後悔と憤りの5年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
亡くなった瑞菜さんの遺影を見る両親=北九州市小倉北区で2022年4月9日午後3時31分、平塚雄太撮影
亡くなった瑞菜さんの遺影を見る両親=北九州市小倉北区で2022年4月9日午後3時31分、平塚雄太撮影

 「あの時、ハグしてあげれば……」。母親は涙で声を詰まらせた。「学校から謝罪は一切無い。ここまでバカにされるいわれはない」。父親は怒りで声を震わせた。無料通信アプリ「LINE(ライン)」に、学校でのいじめをうかがわせる書き込みを残した16歳の娘が、自ら命を絶ってから5年。その心の内を、両親が明かした。

 北九州市の私立高2年で、当時16歳だった瑞菜(みずな)さん。2017年4月17日の通学途中、「私に何かあったらAとBとC(いずれも同級生の名前)のせい」などと記したラインを友人に送信し、自殺した。

この記事は有料記事です。

残り2967文字(全文3217文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集