大阪IR「土壌対策費の市負担は違法」 元市議らが住民監査請求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
IR・万博会場の夢洲=大阪市此花区で2022年2月12日、本社ヘリから藤井達也撮影
IR・万博会場の夢洲=大阪市此花区で2022年2月12日、本社ヘリから藤井達也撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の建設予定地で土壌対策費約790億円を大阪市が負担するのは違法だとして、元市議ら市民5人が11日、事業者との定期借地契約の締結差し止めを求めて住民監査請求した。

 大阪のIR予定地である人工島・夢洲(ゆめしま)(同市此花区)では、液状化リスクや土壌汚染が判明。市が事業者側の求めに応じて対策費約790億円の負担を決めた。松井一郎市長は「IRが成り立つ土地を提供す…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

ニュース特集