“師”志村けんさん悼み、励まし続けた上島竜兵さん「生きてこそ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(左)と志村けんさん
ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(左)と志村けんさん

 11日に死亡が確認されたダチョウ倶楽部の上島竜兵さんは、「ザ・ドリフターズ」のメンバー、志村けんさんを「師」と仰ぎ、敬愛していたことで知られる。「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)などで共演。今月8日放送のバラエティー番組「ドリフに大挑戦スペシャル」(同)にも出演していた。

 志村さんは2020年3月、新型コロナウイルス感染症で死亡。上島さんは同年5月、映画に関するウェブメディア「PINTSCOPE」にコラムを寄稿。その死について「悔しくて、悲しくて、寂しくて、今でも信じられない」と追悼し、「人間、生きてこそです!」と語っていた。

 また、このコラムの中で、志村さんが山田洋次監督の映画「キネマの神様」に映画初主演するとして撮影を控えていたことにも触れ「今頃、天国でバカ殿と、寅さんとで楽しく飲んでいるかも…」と惜しんだ。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文746文字)

あわせて読みたい

ニュース特集