「ナベル」が長門に新工場 今月下旬操業へ 市と進出協定結ぶ /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新工場進出協定を結んだナベルの永井社長(左)と江原達市長(右)
新工場進出協定を結んだナベルの永井社長(左)と江原達市長(右)

 長門市は11日、工業用ジャバラ製造の「ナベル」(三重県伊賀市)と、市への新工場進出協定を結んだ。同社の生産の主力は阿武町の山口工場で、約130人を雇用しており、長門市の新工場では新たに20人の雇用を予定している。

 同社は、工作機械や医療機器などに使われるジャバラを製造。一部で完成品も手がけており、持ち運び可能な折り畳み式ソーラーパネルは、阿武町の「ふるさと納税」の返礼品と…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

ニュース特集