連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

無尽蔵な原料で次世代電池 「マグネシウム」改良し出力維持

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マグネシウムは豊富な資源
マグネシウムは豊富な資源

 資源量がほぼ無尽蔵で、取り扱いが簡単なマグネシウム電池は、次世代電池の呼び声が高まっている。東京工業大の矢部孝名誉教授(数値流体力学)は、従来の約10倍の出力を誇る独自の電池を開発、製品化した。マグネシウム電池が切り開く未来の循環型社会とは。

 マグネシウムは、ジュラルミンケースや自動車、航空機の部品などに使われる金属だ。鉱山だけで85億トン、海水には1800兆トンもあるとされる。矢部さんは2000年代半ばからエネルギー源として使うことを提唱し、マグネシウム電池の研究に取り組んできた。

 電池は、電極(正極と負極)の間に電解液を入れ、化学反応を起こして電子をつくり、電気を起こす。マグネシウム電池では、負極にマグネシウム、正極に活性炭、電解液に食塩水を使う。マグネシウムから放出された電子が正極に移動して電気が流れ、正極に取り込まれた空気や水と反応する仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1802文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集