特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

衆院憲法審で9条議論 与党、自衛隊明記の改正主張 野党「拙速」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開催された衆院憲法審査会=国会で12日午前
開催された衆院憲法審査会=国会で12日午前

 衆院憲法審査会は12日、憲法9条を巡る討議を行った。自民党が9条1項(戦争放棄)、2項(戦力不保持)を残しつつ、自衛隊を明記する憲法改正を訴えたのに対し、立憲民主党や共産党は拙速な改憲議論を批判した。参院選を控えて各党の立場の違いが目立った。9条について衆院憲法審が本格的に議論するのは今国会で初めて。

 与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民)は「これまで一度も行っていない憲法改正は、何としても実現させなければならない」と述べ、「国防規定について議論し、憲法に反映させることは最優先で取り組むべき課題だ」と強調した。自民党憲法改正推進本部(現・憲法改正実現本部)は2018年3月、各党との議論の「たたき台」として、9条への自衛隊明記▽「緊急事態条項」創設▽参院選の合区解消▽教育の充実――の4項目からなる改憲…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1049文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集