特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北朝鮮、新型コロナ感染者を初めて認める 「非常防疫戦線に穴」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会第8期第8回政治局会議に参加した金正恩総書記(中央奥)=平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で2022年5月12日、朝鮮中央通信・朝鮮通信
北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会第8期第8回政治局会議に参加した金正恩総書記(中央奥)=平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で2022年5月12日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、新型コロナウイルスのオミクロン株による感染者が出たと報じた。北朝鮮が国内での新型コロナ感染確認を認めるのは初めて。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は同日に開いた党中央委員会政治局会議で、全国の市、郡ごとに封鎖措置を講じるよう命じた。

 北朝鮮は最近、北東部豊渓里(プンゲリ)の核実験場で坑道を復旧させ、核実験の準備を進めている。コロナ感染が準備に影響する可能性もある。韓国軍関係者は12日「注視しなければいけない」とコメントした。

 会議では最大限の非常防疫体制に移行すると決定。6月上旬に党中央委員会総会を招集することも決めた。金氏は「新型コロナウイルスの拡散を安定的に抑制、管理し、感染者たちを早く治癒させ、拡散の根源を最短の期間内になくす」と述べた。また備蓄医療品の使用、全住民への検診や消毒の強化などを命じた。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文669文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集