V字、ストレート 猫耳カット変更も即撤回 県、所有者不明TNR事業 「判別が困難」反対多数 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
左耳をストレートカットされた猫=どうぶつ基金提供
左耳をストレートカットされた猫=どうぶつ基金提供

 V字かストレートか。不妊・去勢手術をした印として野良猫の耳に入れる切り込みを巡り、県内の自治体で混乱が起きた。手術を担う県が2022年度から、切り込みの形をストレートにすると通知。多くの市町村が反対し、わずか1カ月ほどで撤回に追い込まれた。「反論の多さに驚いた」と話す県の担当者。何が問題だったのか――。【広瀬晃子】

 混乱の舞台となったのは、保護した野良猫に不妊・去勢手術をして地域に戻す「所有者不明猫TNR事業」で、県と市町村が連携して実施している。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1308文字)

あわせて読みたい

ニュース特集