障害予防の練習法伝授 県野球協議会 講演に指導者ら参加 和歌山 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トレーニング方法などを伝授する干川さん(中央)=和歌山市友田町5のホテルグランヴィア和歌山で、橋本陵汰撮影
トレーニング方法などを伝授する干川さん(中央)=和歌山市友田町5のホテルグランヴィア和歌山で、橋本陵汰撮影

 少年野球から大学野球まで各年代の指導者が集まり、野球振興や指導方法などについて考える「県野球協議会」が、和歌山市友田町5のホテルグランヴィア和歌山で開かれた。高校野球の監督らでつくる県高野連の監督が主催し、今回で3回目。参加者はトレーニング方法についての講演を聞いたり、野球界の抱える課題を話し合ったりした。

 「ボディランドトレーニングジム」(岩出市)のパーソナルトレーナー、干川和樹さんが講師を務め、「障害予防=パフォーマンスアップのためのトレーニングの実際」と題して講演した。干川さんは小学3年から大学4年まで野球を続け、卒業後は今春センバツに出場した市和歌山や和歌山東の野球部のコーチを経験した。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文684文字)

あわせて読みたい

ニュース特集