特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「世界から隔絶」 ロシアに占領されたウクライナ・ヘルソン州は今

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
露軍占領下にあるウクライナ南部ヘルソン州から避難してきたナタリアさん(左)と長女のダリアさん=西部リビウで2022年5月10日、三木幸治撮影
露軍占領下にあるウクライナ南部ヘルソン州から避難してきたナタリアさん(左)と長女のダリアさん=西部リビウで2022年5月10日、三木幸治撮影

 ロシア軍に占領されたウクライナ南部ヘルソン州では、警察が機能しない無法地帯が生まれ、インターネットもつながりにくい「世界から隔絶された場所」に変貌したといわれる。西部リビウに避難した親子が毎日新聞の取材に応じ、変わり果てた街の様子を打ち明けた。

市民を監視 市長も解任

 「ロシアはウクライナ人を全く気にかけず、破壊しかもたらさなかった」。ヘルソン州の街、ノーバカホウカから退避してきたナタリアさん(43)、ダリアさん(15)母娘は、口をそろえた。

 2人は今月1日、自家用車を持つ知人の男性に高額の謝礼を支払って、脱出を依頼。検問所で持ち物を全て調べられたが、女性だけだったこともあり、「幸運にも」検問を抜けられたという。ただ、翌日のリビウ到着後、露軍から1通の書類が届いたことを残された親族から知らされた。露軍がナタリアさんの自宅と財産を全て没収する可能性があるとの通告だった。

 ヘルソン州は黒海とアゾフ海に面する農業地帯。ロシアが2014年に一方的に編入した南部クリミア半島に隣接する。…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1709文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集