聖火リレー目前に交通事故 視覚障害者ランナーが復活の舞台へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
坪井康郎さん(左)と一緒に練習に励む野坂千恵子さん=山口県防府市浜方で、2022年5月11日午前11時36分、脇山隆俊撮影
坪井康郎さん(左)と一緒に練習に励む野坂千恵子さん=山口県防府市浜方で、2022年5月11日午前11時36分、脇山隆俊撮影

 2021年の東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれた後、聖火リレーを目前に交通事故で重傷を負った山口県田布施町の視覚障害者ランナー、野坂千恵子さん(63)がつらい入院・リハビリ生活を乗り越え、山口市で15日に開催予定の「全国障害者スポーツ大会派遣選手選考会」に出場する。元気になった姿を観衆に披露して「目標がある人は頑張れるということを伝えたい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文819文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集