新型コロナ 宿泊療養施設、29人が食中毒 新宿・弁当食べ /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 都は13日、新宿区内の新型コロナウイルス患者の宿泊療養施設で、下痢性大腸菌O166による集団食中毒が発生したと発表した。10~60代の男女29人から菌が検出された。港区は区内の飲食店「エンゾ パステリア」が製造した弁当が原因と特定し、7日間の営業停止処分にした。

 都によると、4月23日昼に弁当を食べた…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文316文字)

あわせて読みたい

ニュース特集