エツの「骨切り」学ぶ あす大川で料理体験会 筑後川名物 守る会が「食文化の継承を」 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
筑後川のエツ遊覧船で披露されているエツの骨切り
筑後川のエツ遊覧船で披露されているエツの骨切り

 小骨が多く骨切りが必要になる筑後川名物、エツのさばき方を学ぶ「エツ料理体験会」が15日午前9時から、大川市向島(むかいじま)の市観光・インテリア情報ステーション「大川テラッツア」で開かれる。無料で誰でも参加できる。

 エツは国内では有明海と筑後川水系にだけ生息し、銀のうろこをまとった姿は「幻の魚」と称される。味は癖がなく、刺し身、唐揚げ、煮付けなど幅広く料理できる。ただ、小骨に包丁目を入れて口当たり…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

ニュース特集