東峰村に福島産カボチャ 大震災被災地と交流 今季も種植え作業 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東峰村であった「いいたて雪っ娘」の種植え作業
東峰村であった「いいたて雪っ娘」の種植え作業

 東峰村にある棚田を生かして地域活性化に取り組む若手グループ「棚田まもり隊」などは11日、福島県産のカボチャ「いいたて雪っ娘」の種植え作業を村内のビニールハウスで実施した。昨季から村で栽培に取り組み始め、2シーズン目の試みとなる。

 棚田まもり隊の和田晴輝さん(49)が昨年3月、エフコープ生活協同組合(本部・篠栗町)と共に東日本大震災で被災した福島県を訪ねた。その際、東京電力福島第1原発事故で一時は全域が避難区域となった飯舘(いいたて)村で開発された新…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集