特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『スマート物流 物流サービスのスマート化が社会と経済を変える』=藁谷友紀・編著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (毎日新聞出版・1650円)

 ドライバーの長時間労働が制約され、2024年にはシステム崩壊がささやかれる物流の「スマート化」を取り上げた。内閣府が設けた戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「スマート物流」に関する3回のシンポジウムを収録し、そこで出た論点を提示して内容を補完・充実させる体裁を取っている。

 情報技術がもたらす社会ビジョンとして現在、IoTやインダストリー4・0、さらにはソサイエティ5・0が語られ、生活や社会の質の向上に結びつける「スマート化」が掲げられている。特に「物流のスマート化」は、SDGsなど社会課題一般と重層的に関連するテーマであり、標準化や省力化を伴うシステム構築が、個々人の生活や社会そのものに関わることに気付かされる。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文460文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集