特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

加藤陽子・評 『二本の棘』=山下征士・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (KADOKAWA・1870円)

刺さったまま抜けぬ不条理と限界

 一度目にしたら忘れられないタイトルは、著者が関わった二つの未解決事件に由来する。全ての時効が成立してもなお、心に棘(とげ)は刺さったままだ。兵庫県警の刑事だった著者は、1984年のグリコ・森永事件、87年5月3日の朝日新聞阪神支局襲撃事件を軸に、これらの事件が残す教訓と課題を後世に伝えようと本書を書く。

 記者襲撃という空前のテロ事件から35年がたった今春、朝日新聞が特集した記事の一つに著者が登場していた。無数の付箋が貼られた資料とともに映った著者の姿に圧倒された。捜査が行き詰まった時、「まず、書いてみる」を実践していた現役時代の眼光そのままの姿で映っていたからだ。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1392文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集