米ASEANが「新時代」宣言 中国、ロシア対応で温度差も露呈

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東南アジア諸国連合(ASEAN)との特別首脳会議で発言するバイデン米大統領=ワシントンで13日、ロイター
東南アジア諸国連合(ASEAN)との特別首脳会議で発言するバイデン米大統領=ワシントンで13日、ロイター

 米首都ワシントンで初開催された米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議で、首脳らは13日、双方の関係を11月に予定する首脳会議で「包括的戦略パートナーシップ」に格上げすることで合意した。台頭する中国への対抗が念頭にあるバイデン米大統領だが、ASEAN側の事情に配慮して中国批判は抑制。米ASEANの「新時代」を宣言したが、各国にどれだけ響いたかは不透明だ。

 「米ASEAN関係の新たな時代が幕を開ける」「今後50年間の世界史の大部分は、我々の関係によって記される」。バイデン氏は国務省で開かれた首脳会議で米ASEAN関係の重要性を繰り返し強調した。

 首脳会議後、ホワイトハウスは共同声明を出し、パートナーシップの格上げの方針を発表した。経済、安全保障、公衆衛生など、より幅広い分野での関係強化が見込まれる。バイデン政権は12日には海上安全保障の協力などに総額1億5000万ドル(約192億4000万円)を拠出する支援も表明した。ただし、中国も昨年11月にASEANとの関係を同様のレベルに引き上げており、米国が1年後にようやく追いつく格好だ…

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1982文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集