キャンプ用品窃盗容疑で逮捕 300点被害 メルカリで転売か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡県警本部 拡大
福岡県警本部

 ディスカウントストアでキャンプ用品を盗んだとして、福岡県警糸島署は13日、福岡市西区、建設業、江上顕一郎容疑者(53)を窃盗容疑で逮捕した。被害のあった店では人気メーカーのランタンなどキャンプ用品約300点が盗まれており、大半が同一人物によってフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品されていた。同署は新型コロナウイルス禍でアウトドアブームが広がる中、需要の高いキャンプ用品を転売目的で盗んだ疑いがあるとみて余罪を追及する。

 逮捕容疑は4月6日午後0時50分ごろ、同県糸島市高田の「ミスターマックス糸島店」で、小型ガスバーナーやランタン計5点(計約2万9000円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、防犯カメラの映像などから江上容疑者の関与が浮上。容疑を認めており「キャンプを始めるために買おうとしたが、金がなかった」などと供述しているという。

 一方、同署がメルカリのリストを調べたところ、被害のあった店舗で盗まれたとみられる品約300点が、江上容疑者本人とみられるアカウントから相次いで出品されていた。1点数千円のランタンなどで、いずれも定価より1000円程度値引きされていた。半数以上はアプリの利用者に購入されていたとみられる。【河慧琳】

あわせて読みたい

ニュース特集