38歳内海慎吾選手、最後の雄姿に3000人 B1京都ハンナリーズ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 バスケットボール男子、Bリーグ1部(B1)の京都ハンナリーズはチーム最年長の内海慎吾選手(38)が2021―22シーズン限りで引退し、22―23シーズンはユースチームのコーチに就任すると発表した。

チーム最年長、真摯さ慕われ

 チームに8シーズン在籍して主将も務め、バスケに向き合う真摯(しんし)な姿勢から選手、ブースター(ファン)に慕われた内海選手の最後の雄姿を見ようと、京都市体育館(右京区)で8日にあったシーズン最終戦には、今季最多の3181人の観衆が集まり、別れを惜しんだ。

 内海選手は北海道出身。父知秀さんは、女子バスケ実業団チームの名将で女子日本代表ヘッドコーチ(HC)やB1のレバンガ北海道HCも務めるなど、バスケ一家で生まれ育った。能代工高(現能代科学技術高)―東海大とバスケの名門校を経て、07年から実業団リーグだったJBLの三菱電機(現B1名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)でプレー。13年に創設1年目だった和歌山トライアンズに移籍し、13―14シーズンは発足初年…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1186文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集