日本は男子団体4大会ぶりの優勝ならず バドミントン・トマス杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯第6日は13日、バンコクで準決勝(3戦先勝方式)が行われ、日本はインドネシアに2―3で競り負け、4大会ぶりの優勝はならなかった。

 シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)で2連敗。続くシングルス…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

あわせて読みたい

ニュース特集