J1鹿島、堅守の札幌に4発で快勝 ディエゴピトゥカ復帰で攻撃に幅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 鹿島-札幌 前半、先制ゴールを決める鹿島・上田(手前から2人目)。GK菅野=カシマ 拡大
 鹿島-札幌 前半、先制ゴールを決める鹿島・上田(手前から2人目)。GK菅野=カシマ

○鹿島4―1札幌●(14日・カシマスタジアム)

 鹿島が4ゴールで快勝。勝ち点を28に伸ばし、首位をキープした。

 5試合連続無失点中と堅守を誇る札幌を、鹿島の攻撃陣が粉砕した。開始6分で先制するなど、今季最多の4得点。広島に0―3で完敗した前節のショックを振り払う快勝だ。

 鹿島-札幌 後半、ヘディングでチーム4点目のゴールを決める鹿島・アルトゥールカイキ(右上)=カシマ 拡大
 鹿島-札幌 後半、ヘディングでチーム4点目のゴールを決める鹿島・アルトゥールカイキ(右上)=カシマ

 前半6分、相手陣内でボールを受けたMFディエゴピトゥカが迷わずゴール前へ縦パスを送った。DF2人の間を通すパスに走り込んだFW上田が流し込んで先制。20分過ぎには再びディエゴピトゥカのスルーパスから、抜け出したMFアルトゥールカイキが相手GKに倒されてPKを獲得。FW鈴木が決めてリードを広げた。

 前半だけで3得点。いずれもスペースを突きながら、手数を掛けずにゴールに向かう攻撃から生まれた。早々に試合を決め、バイラー監督は「素晴らしい前半だった」と賛辞を惜しまなかった。

 今季、就任したバイラー監督は縦の速さを求め続けてきた。時に淡泊な攻撃にも陥りがちだったが、この日は4月2日の清水戦でペットボトルを客席に蹴り入れて4試合の出場停止処分を受けたディエゴピトゥカが7試合ぶりに先発に復帰。効果的にパスを散らして試合を作る司令塔が戻ってきたことで、攻撃の迫力は増している。

 チームは連敗を免れ、がっちりと首位をキープする。「連係も良くなってきた。自分たちの形ができ始めてきた」とディエゴピトゥカ。直近5年は主要タイトルから遠ざかっていたかつての常勝軍団が、輝きを取り戻しつつある。【細谷拓海】

あわせて読みたい

ニュース特集