佐田の海、唯一無敗の碧山破り1敗で並ぶ 平幕対決 大相撲夏場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
佐田の海(右)が押し出しで碧山を破る=東京・両国国技館で2022年5月14日、宮間俊樹撮影 拡大
佐田の海(右)が押し出しで碧山を破る=東京・両国国技館で2022年5月14日、宮間俊樹撮影

 大相撲夏場所7日目は14日、東京・両国国技館であり、佐田の海が碧山を押し出しで破った。幕内に無敗はいなくなった。

 無敗の碧山と、1敗の佐田の海の好調平幕対決は、佐田の海に軍配が上がった。碧山の突き押しをこらえながら前に出ると、相手がたまらず引いたところを逃さず、一気に押し出した。「頭を上げないように、我慢してとった」と白星を引き寄せた。

 唯一無敗だった相手に土を付け、1敗で並んだ。元小結・佐田の海を父に持つ35歳のベテランは「(場所の)半分も終わっていないし、勝ち越してもいない。そんなことは全く気にならない」と冷静に受け止めた。【高野裕士】

あわせて読みたい

ニュース特集