「あしなが募金」道から全国リレー 「遺児学生、未来に選択肢を」 2年半ぶり街頭活動 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
街頭活動の募金に協力する市民=札幌市中央区で2022年5月14日、金将来撮影
街頭活動の募金に協力する市民=札幌市中央区で2022年5月14日、金将来撮影

21年度希望者最多

 病気や災害などで親を亡くした子どもらを支援する「あしなが学生募金」の街頭活動が14日、札幌市中央区のJR札幌駅前で行われた。新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、本格的な活動は2019年10月を最後に中止されていたが、流行が一定程度、落ち着いているため、2年半ぶりに再開した。募金はコロナ禍でもインターネットで寄せられる。だが、街頭活動は募金の必要性を直接、訴えるため、重要な機会になるという。

 今回のあしなが学生募金は22年5月から12月にかけて全国47都道府県をリレーでつなぐ「全国募金リレー」形式で行われる。北海道がスタート地点となり、14日は札幌市と旭川市で街頭活動が行われた。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文692文字)

あわせて読みたい

ニュース特集