連載

迫る

「迫る」は人物の内面を探ったり、出来事の背景を掘り下げたりする大型読み物です。

連載一覧

迫る

抗議続ける前名護市長(その2止) 自然、暮らし守りたい

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元米海兵隊員で軍属の男性による殺人事件に抗議し、女性を追悼する沖縄県民大会。県民の激しい怒りが示された=那覇市で2016年6月、野田武撮影
元米海兵隊員で軍属の男性による殺人事件に抗議し、女性を追悼する沖縄県民大会。県民の激しい怒りが示された=那覇市で2016年6月、野田武撮影

 

 政治家になるつもりはなかった。でも、古里の行く末を考えると、新たな基地建設に目をつぶるわけにはいかなかった。その転機は2008年秋に訪れた。

 沖縄県名護市の収入役や教育長を歴任した後、その年に勇退した稲嶺進さん(76)は、市長選への立候補を打診された。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に関して政府が提示した修正案を、当時の島袋吉和市長が受け入れた。これに不満を抱いた保守系市議の一部が、移設反対の勢力との共闘を探ったことが背景にあった。

 辺野古が普天間飛行場の移設先として浮上したのは1996年にさかのぼる。市として受け入れるのか、受け入れないのか――。国策は市民を二分し、97年12月に実施された辺野古沖への海上ヘリポート建設の是非を問う市民投票では、「反対」が「賛成」を上回った。

この記事は有料記事です。

残り2932文字(全文3289文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集