連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

法要文化がなくなる日

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 警察から突然電話があり、「この人をご存じですか」と聞かれる。父の兄の名前のようだった。孤立死し、他に身寄りはないらしい。遺体を引き取り、葬儀まで出すことに。「顔も忘れた伯父の葬式を、なぜ私が費用を出してやらされるの!」。喪主がぽつんと1人で怒り続けている奇妙な葬式……。ライフエンディングテクノロジーズの栗本喬一取締役(45)が実際に担当した事例だ。

 前回、埼玉県入間市と同社が締結した「死後の行政手続のデジタル化推進に関する協定」について書いた。栗本さんがデジタル技術で手続きを簡素化させたいと提案した。5000人の葬儀に関わってきた栗本さんと話していると、日本の葬送の現況が見えてくる。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文911文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集